理学療法士

それではまず、理学療法士という仕事について紹介します。理学療法士は英語では「Physical Therapist」と呼ばれており、この頭文字を採って「PT」という略称で呼ばれることもあります。それでは、理学療法士は何をする仕事なのでしょうか。

理学療法士の目的は、日常生活に必要な身体機能を回復させるためのリハビリテーションです。例えば、歩くことや座ること、立つことというのは、日常生活において欠かすことが出来ません。歩くことが出来なければ外出をすることもできませんし、座ること・立つことができなければトイレを利用することも出来ません。事故や病気など、様々な原因によってこれらの能力が失われてしまった、あるいは低下してしまった人を対象にして、リハビリテーションを行うのが理学療法士の仕事となります。

上記の通りフィジカルセラピストと呼ばれるように、理学療法士は物理的な力を用いてリハビリを行うことも多くあります。理学療法士の治療には運動療法と物理療法という2つのアプローチがあり、対象となる患者の症状を見ながら、どのようにリハビリを行っていくのが適切なのか判断しなければなりません。根気強く、リハビリと向き合っていく必要があります。