作業療法士

それでは次に、作業療法士の仕事について紹介します。理学療法士と名前が似ていることもからも分かるように、この2つの仕事の内容というのは似ている部分があります。いずれもリハビリを目的としている仕事である、ということです。これにもう1つ、言語聴覚士という仕事も、近い仕事となります。それでは、作業療法士は理学療法士とどのような違いがあるのでしょうか。

リハビリと言っても、理学療法士と作業療法士とでは、目的としている部分に違いがあります。理学療法士が「日常生活の回復」を目的としているリハビリであるのに対して、作業療法士は「より高度な機能の回復」を目的としているためです。歩くことや座ることなど、日常生活に困らないような能力は持っているものの、例えば手先が震えてしまって細かい作業が出来ないであるとか、腰が曲がってしまって体操ができないであるとか、そういった問題を解決に向けてリハビリテーションを行うのが作業療法士です。

また、精神的な障害を抱えている人に、精神的なリハビリを行うことも作業療法士の仕事の1つとなっています。「日常復帰」を目指すのが理学療法士であり、「社会復帰」を目指すのが作業療法士の仕事です。